『きみと行く 満天の星の彼方へ』目次

『きみと行く 満天の星の彼方へ』目次

プロローグ 学習を始める時
 H1 遅すぎた誘惑
 K1 憂鬱の中で誘惑
 H2 できすぎた話
 K2 夢のような話
 H3 現実離れしている
 K3 心を奪われて
第一章 英語学習への期待
 H4 根深い英語コンプレックス
 K4 彼の言葉を信じて
 H5 あやまりたいから
 K5 夫への罪悪感
 H6 無料で英語の達人に?
 K6 もし英語が得意になったら
第二章 TOEICが始まる
 H7 初めてのTOEIC
 K7 TOEICへの関心
 H8 リスニングの衝撃
 K8 膨大なリーディング
 H9 授業時間を延長すべきなのか
 K9 初めてのスコア
 H10 最低ランクからの出発
第三章 英単語と英文法の学習
 K10 記録を測定するから成長できる
 H11 TOEIC900点という夢
 K11 わたしたち家族の新しい話題
 H12 ハイレベルな同僚たち
 K12 英単語と英文法の本の選び方
 H13 英単語の正しい覚え方
 K13 わからないことを見つける
第四章 英語力のゆるやかな上昇
 H14 密かな決意
 K14 次の受験への期待
 H15 最初の小さな達成
 K15 初めてのスコアアップ
 H16 予想以下のショック
 K16 家族への気遣い
 H17 覚えた単語も忘れないように
第五章 少しずつ学習を積み重ねる
 K17 新たな学習リズム
 H18 単語を覚え続ける難しさ
 K18 復習を仕組み化する
 H19 続けていれば蓄積される
 K19 驚きのスコアアップ
 H20 文法用語がわからない
第六章 次のステップに移行する予感
 K20 先生と生徒の一線
 H21 いっしょに受験する仲間たち
 K21 つい気を遣ってしまう苦悩
 H22 公開テストへ向けて
 K22 公式問題集を学習のベースに
 H23 何歩も先を行く同僚たち
第七章 さらに上のレベルを目ざして
 K23 おそるべき公式問題集
 H24 それぞれのスコアレベル
 K24 多聴多読だけでは意味がない
 H25 次のレベルの学習を前倒し
 K25 挫折の危機は突然に
 H26 TOEICの驚くべき精度
 K26 他人を頼るか、自分でやるか
第八章 本当の高みが近づいてくる
 H27 意外な人物との遭遇
 K27 自分でも驚くほどの成長
 H28 それぞれのレベルでの成果
 K28 弱点を発見するトレーニング
 H29 良い学習サイクルをつくる
 K29 精度を上げ、はるかな高みへ
 H30 勉強法を仲間とシェア
第九章 その上の世界は狭められる
 K30 本当に高い「壁」の洗礼
 H31 学習の質と量のバランス
 K31 聴き取れただけで満足しない
 H32 大きく分かれた明暗
 K32 人それぞれペースがある
 H33 信じられない光景
第十章 転落……そして、再浮上
 K33 まさかのアクシデント
 H34 メンタルが結果を左右する
 K34 楽しかった時間の終わり
 H35 学習が根底から揺らぐ時
 K35 人生を懸ける決意
 H36 明かされた真実
エピローグ たどり着いた場所
 K36 ついに実現した夢
 H37 究極の目標を掲げる
 K37 永遠に最強のトレーニング法
 H38 夢のスコアに到達できるのか
 K38 最後は無心で挑むしかない
 H39 自分の限界を超える方法
 K39 満天の星のように輝く数字